勝利で全ショップポイント2倍!今すぐエントリー!

2020年12月15日

TBS.と新型コロナとサンタクロースとワクチン

コロナ禍が世界を席巻している最中。

サンタクロースを心配する子どもたちヘWHOから安心
のコメントが発表。

さすが、サンタクロースは免疫を持っているって。

それじゃワクチン持っているでしょ!?
ワクチンちょうだい!!
…なんては大人のいやらしい発想ですね☆

TBS NEWS
サンタクロースには新型コロナの免疫がある、WHO専門家


posted by bigmoya at 14:25| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月06日

アマビエとアマエビと水木しげるとwithnews

最近出没頻度が増えてその姿を(イラストで)見かける
ことが増えた、妖怪、「アマビエ」。

出所は九州・熊本地方に伝わる民間伝承。


耳慣れない名詞に聞き覚えのある名詞をつけて覚えるこ
とはよくあるとおもいますが、それを間違って使ったも
のが広まったりして。
しかもそれは笑えるものなのかどうなのかよくわからな
かったりもします。


それが実在したかどうか…よりも、そんな伝承がある人
間社会に豊かさを感じた私なのでした◎


withnews
水木しげるさんの妖怪大全「アマエビ」誤記の謎 「意図ではなく…」

ウィキペディア
アマビエ
posted by bigmoya at 14:15| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月15日

エキノコックス

生態系の変化などによりキタキツネを見かけることが多
くなったことへの注意が呼びかけられています。


それは多分にキタキツネや犬などによって媒介される条
虫・寄生虫「エキノコックス」によって引き起こされる
病気「エキノコックス症」への注意。



十数年にもなる潜伏期間を経て、エキノコックス症を発
症した場合その致死率はかなり高いものに。

今回のそれは北海道ですが、過去には愛知県でも症例が
報告されています。



キツネ・犬などの糞に含まれた卵が手についたりし、そ
して食物と一緒に摂取してしまう恐れなど。

手洗いの徹底や食品を流水で洗うことが肝要な予防策。


発症した場合、治療薬などはなく、外科的処置療法対応
になってしまいます。


北海道新聞
街にすみ着くキタキツネ エキノコックス懸念 専門家「駆虫薬を」

ウィキペディア
エキノコックス

厚生労働省
エキノコックス症について

posted by bigmoya at 11:43| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

コロナ禍

コロナ禍が世間を席巻しています。

一年前…昨年の今頃、どころか先の記事を投稿した今年
の二月ころでも、今この事態なんて想像もしていません
でした。

本当に、何があるかわからないものですね。



そんなコロナ禍。その読み方が検索上位に入ってきてい
たりします。

読み方は「ころなか」。

新しい言葉なのですから、難しい日本語…聞いたり検索
したりするのは必要なこと。

そしてこの災厄が過ぎた後も、…例えばリーマンショッ
クのように…コロナ禍という言葉は普通の単語として生
き残っていきそうですね。



しかし未だ終息の気配は感じられず、出口の見えないト
ンネルのよう。



…なんて言っていられるだけ日本は余裕を持てているの
でしょう。欧米、特にアメリカでは死者数がすでに中国
を抜き、ただならぬことになっています。

例えばこれが中世であったなら、もっとひどいことにな
っていたのかもしれません。衛生観念と医療が発達した
現代社会だからこそこの程度で抑えられているのである
のだとか。

しかし飛行機のない時代、今ほど広域の往来はなかった
のでしょうし、感染が広がるスピードもここまで早くは
なかったりだとか。



行政によるマスクの配布が決定し、行く先々で手洗いや
消毒・除菌スプレーを吹くことが日常風景になっていま
す。

速く健やかな日常を取り戻せるといいですね。
ラベル:コロナ禍
posted by bigmoya at 19:09| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月23日

花粉症薬の負担増提言。20年改訂に向け。

病院で花粉症薬を処方して頂いていた方にとって聞き逃
せない話題です。

保険財政悪化への対応策のひとつとして、花粉症処方薬
の保険適用外が提言。

後発市販薬・ジェネリック医薬品への切り替え促進もあ
りそうに感じますが果たして。

時事ドットコム
花粉症薬、保険適用外に=医療費600億円削減−健保連提言



posted by bigmoya at 14:16| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

ハザードマップ

江戸川区の公開したハザードマップが話題を呼んでいま
す。

まるで背水の陣のようだと。


各自治体から公開されているハザードマップ。

自分が暮らし生活している地域はチェックしておきたい
ものですね。


日本経済新聞
水害なら区民70万人全員避難(真相深層)

ダイヤモンド・オンライン
ここにいてはダメ!水害時の避難誘導に尽力する「攻めてる」自治体 | 危機管理最前線 from リスク対策.com

江戸川区
江戸川区“水害”ハザードマップ」pdf

国土交通省
ハザードマップポータルサイト

ウィキペディア
ハザードマップ

posted by bigmoya at 11:27| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

綿棒で耳かき 注意

綿棒を使っての耳かきに注意が呼びかけられています。

使うたびに残された綿棒のコットンが耳の奥へ堆積、や
がて細菌が増殖し脳にまで広がってしまったと報じられ
ています。



まれなケースであるようでも、そのリスクは怖いもの。

綿棒にあるリスクというなら、竹などで作られた小さな
スプーン状の耳かきならその意味では安全と言えるでし
ょうか。

いずれにしても、あまり深掘りしすぎないようにしたい
ですね。

日テレNEWS24
“耳かき”で意識不明…綿棒の使い方に注意

↓見て確認できたらちょっと安心◎↓

posted by bigmoya at 10:07| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

光線過敏症と富山テレビとMEDLEY

光線過敏症の新たな原因が発見されたことが報じられま
した。

身体にとって光がどくになってしまう疾患。
皮膚だけでなく関節や気管に症状が現れてしまうことも
あり、日常生活に大きな制約が生じてしまいます。

その原因は薬剤など外因的なものと遺伝的なものに大別
でき、外因的なものはその原因因子を遠ざけ、遺伝的な
ものは遺伝子治療に期待が寄せられています。

富山テレビ
光線過敏症の原因解明 富山大学

ウィキペディア
光線過敏

医師たちがつくるオンライン医療事典MEDLEY(メドレー)
光線過敏症


posted by bigmoya at 10:31| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

メソミル

落ちていたウインナーソーセージを食べて飼い犬が死亡
したことが報じられました。

残されたウインナーから劇物指定の農薬であるメソミル
が検出された模様。

販売・購入ともに厳しく管理されているはずの、致死性
ある毒物です。

産経新聞 イザ!
路上のウインナーソーセージから毒物検出、食べた犬死亡 和歌山市

ウィキペディア「メソミル
posted by bigmoya at 15:50| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

山崎桃子

同居男性を撲殺したとして、埼玉の女性「山崎桃子」容
疑者の逮捕が報じられました。

強くなった女性を感じさせる事件です。

同姓同名な山ア桃子さんのツイッターにアクセスが殺到
する事態に。

朝日新聞
同居男性を拳で殴った疑い、女を逮捕 男性は死亡 埼玉

ツイッター「山崎桃子@momochan0910
posted by bigmoya at 12:49| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする