勝利で全ショップポイント2倍!今すぐエントリー!

2020年04月16日

コロナ禍

コロナ禍が世間を席巻しています。

一年前…昨年の今頃、どころか先の記事を投稿した今年
の二月ころでも、今この事態なんて想像もしていません
でした。

本当に、何があるかわからないものですね。



そんなコロナ禍。その読み方が検索上位に入ってきてい
たりします。

読み方は「ころなか」。

新しい言葉なのですから、難しい日本語…聞いたり検索
したりするのは必要なこと。

そしてこの災厄が過ぎた後も、…例えばリーマンショッ
クのように…コロナ禍という言葉は普通の単語として生
き残っていきそうですね。



しかし未だ終息の気配は感じられず、出口の見えないト
ンネルのよう。



…なんて言っていられるだけ日本は余裕を持てているの
でしょう。欧米、特にアメリカでは死者数がすでに中国
を抜き、ただならぬことになっています。

例えばこれが中世であったなら、もっとひどいことにな
っていたのかもしれません。衛生観念と医療が発達した
現代社会だからこそこの程度で抑えられているのである
のだとか。

しかし飛行機のない時代、今ほど広域の往来はなかった
のでしょうし、感染が広がるスピードもここまで早くは
なかったりだとか。



行政によるマスクの配布が決定し、行く先々で手洗いや
消毒・除菌スプレーを吹くことが日常風景になっていま
す。

速く健やかな日常を取り戻せるといいですね。
ラベル:コロナ禍
posted by bigmoya at 19:09| Comment(0) | トピック・地方・ローカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする